運命の相手はどうやったら見つかるの?

みんなに教える!Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

運命の相手

 

運命の相手は本当にいるのでしょうか。この記事は一応カテゴリ的には初心者のカテゴリに入っていますが、本当のところはかなり難しい内容ですよね。

例えば世界の人口は日に日に増え続け、現在では70億を突破しているとも云われています。出生時では男性のほうがやや多いですが、徐々に女性の方が増えるので、単純に半分を男性とします。もちろん何%かは同性愛の方もいるので単純に半分にすることはできませんが、それでも世界には数十億人の男性がいます。

・運命の相手を待ってみる

待つ画像

さて、ここで運命の相手というものを考えてみます。運命というからには10人に1人はいないでしょう(笑)それこそかなり低い割合になってくると思います。100人に1人と仮定してみましょうか。そうなると、30億人の男性の100分の1なので、3000万人いますよね。もちろん老若混合なので3で割ってみると1000万人です。割り方などは本当に適当ですが、意外と多いことに気づきますよね(笑)

では日本に限って見て見ると、同じ計算をすると20万人ほどになります。もちろん割り方や運命の相手の定義は曖昧で適当です。

ここで本題に入ります。よく、「私は運命の相手が見つかるまで待つわ」という人がいますよね。もちろん人によって正解は違いますし、考え方も違うのでなんとも言えませんが、ただ待っているだけで果たして20万人中何人と出会うことができるでしょうか。考えてしまいますよね。自分が何歳で恋愛をしたいかなどでも変化はしてきますし。

運命の相手が見つかる可能性を上げることを考えてみます。これは単純に出会いを増やせばいいかもしれませんね。または運命の相手だと直感したときにはアピールしてみる方法もあります。上記の仮定の数字、20万人一人ひとりに目印がついていたとしても全員と会うことはほぼ不可能ですし、出会いを意識してアピールすることも近道かもしれません。

・定義してみる

定義

自分にとっての「運命の相手」を定義して探す、という方法もありますね。これは、よく聞く「理想のタイプ」と近いかもしれません。理想が極端に高い人は、その中でも妥協できる部分は妥協していくと、探せる範囲が広がりますよね(笑)

また、この方法も結局は理想に近い相手がいたとしたらさりげなく好意を伝えたりすることで色々と幅がひろがることになります。

・運命の相手だと思い込む

運命の相手

人間意外と出会いなんて少ないものだと思います。社会人になれば特に範囲が狭まりますよね。そうなって来た時に、お付き合いするようになった男性を運命の相手にしてしまうという方法ですね!女性の場合は、性格だったり経済力だったり色々な面で判断できますし、思い込むことも意外と正しかったりします(笑)

 

 

この記事を書いた人

ライチ
ライチ女性編ライター
初めまして。女性編の記事を書いております。よろしくお願いします。

女性向け恋愛事情